ヨージとコーキときどきナントカ

派遣社員とFtMの二人で運営しています

ヨージとコーキときどきナントカ

FtMが一人でタイに行って胸オペした話【持ち物編】

seven

こんにちは。

現在、こちらは2020年1月21日10時50分のタイ、バンコクです。

今回、僕は一人で、アテンドなし、タイで胸オペをしてきました。

この記事では、持ち物について検証していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

www.youji0511.com

 

僕がタイに持っていった物

そもそも、海外旅行が初めてな僕は、何を持っていいのかすら見当がつかず、それを調べるだけでもかなり疲れました。

そこで、僕が持っていった荷物の中で胸オペで初めてタイにいく場合に、日本から持っていった方がいい物、なくても困らない物、いらなかったものを解説していこうと思います。

絶対に必要な物

  • パスポート
  • スマホと充電器
  • 現金
  • これらを入れる鞄

最悪これがあれば、あとは何とかなります。スマホは持ってなくても何とかする手段はありますが、逆にない方が不自然だと思うのでマストアイテムということにしておきましょう。

クレカじゃなくて現金なのは、クレカ使えないところもあるからです。それにカード会社によっては、クレカOKのお店でも使えません。*1

ポッケに入れて移動するのは危険すぎるのでショルダーかウェストバックのような、出し入れするのにあまり苦労しない余裕のある大きさの鞄があるといいです。

あったら便利な物

  • タブレットやゲームなど暇つぶしアイテム
  • 延長コード
  • ファブリーズ

ほかにも色々あるだろと思われそうですが、あえてこの三点をあげます。なぜかというと、正直バンコクで手に入らないものはファブリーズくらいだからです。

病院のすぐそばに結構大きなセブンイレブンがあります。必要なものは大抵売っています。

暇つぶしアイテムは、アテンドさんを使う人は何とかなる可能性がありますが、アテンドさんを使わないで行く場合は、三日間ベットの上から動かないでも耐えうる暇つぶしの用意をした方がいいです。

僕はiPhoneとiPadを持っていきました。病院はwifi完備なので交互に充電しながらYoutube見ていました。

ここで要注意なのが、Amazonプライムビデオは日本で見られる動画のほとんどがタイでは見ることができません。タイの現在地で見れるものだけになるので、あんまり意味がなかったです。

延長コードは、コンセントからベットが意外と遠かったり、ホテルのコンセントの位置が微妙に使いづらかったりするので、あった方がいいです。持っていくなら100均とかのごくシンプルなものが良いです。*2セブンイレブンにも売っていますが結構高いです。

それから、なぜファブリーズが必要かというと、Town In Town Gareden Resortの枕とタオルが臭いからです。毎日交換してくれるし、タオルはふかふかでおそらく清潔なんだけど臭い。おっさん臭い。という事でファブリーズは何かとあった方が便利です。ファブリーズだけはバンコクで見つけられませんでした。

持ち物の全て

持っていった物一覧

◎必須アイテム

○あったら便利

△なくても困らない

×いらない

 

  • スーツケース ○ 
  • リュックサック ○
  • ショルダーバック ◎
  • 首枕 ○
  • パスポート ◎ 
  • パスポートケース ○(個人的には◎)
  • iPhoneと充電器 ◎ 
  • iPadと充電器 ○
  • モバイルバッテリー △
  • MacBookAirとバッテリー ○
  • apple Pencil ×
  • マウス ×
  • 現金(日本円) ◎
  • 日本でいつも使っている財布(クレカ)◎
  • ハンカチとティッシュ ○
  • アルコール除菌ウェットティッシュ ○
  • ガイドブック ○
  • 洗顔シート(上半身まで拭ける大判)◎
  • マスク △
  • 洗濯洗剤 ×
  • 剃刀 ×
  • 本二冊 △
  • 綿棒 ×
  • 長めのストロー ×
  • インスタント味噌汁 ×
  • カップラーメン ×
  • シャンプーとリンスと石鹸 △
  • 洗顔料と泡立てネット △
  • 正露丸 ×
  • ロキソニン ×
  • ワックスとヘアスプレー ×
  • くし ×
  • 鏡 ×
  • コンタクトとメガネ ◎
  • めぐリズム ×
  • 歯ブラシと歯磨き粉 ×
  • ドライヤー △
  • ヘアアイロン △
  • 着替え ◎
  • ビーチサンダル ○
  • フェイスタオル ×
  • 折り畳み傘 ×
  • わさび ×
  • イヤホン ○
  • 筆記用具 △
  • 帽子 ○
  • 海外用SIMカードとピン ○

これで全てだと思います。

それでは一つずつ解説していきます。

 

まずは、スーツケースと機内持ち込み用リュック、それからショルダーバックです。

エアアジアの場合、機内持ち込み荷物のサイズや重さ制限があります。機内には合計7kg以内の大小2つの荷物を持ち込めるので、特に用がなくても万が一スーツケースの重さが規定量を超えた時用に予備バックがあると助かります。ですが、荷物を最低限にするならばいらないです。

僕は、パソコンを持っていったのでリュックにパソコンとタイに着いた時に脱いだアウターや首枕を入れるのに使いました。

ショルダーバックは、パスポートや財布やiPadを入れるのに使いました。

貴重品用にリュックとは別のショルダーかウェストバックは絶対必要だと思います。

 

次に首枕です。これはあってもなくてもいいですが、あった方が快適に過ごせます。地方から東京に行く高速バス内でもこれがないとやってられないので必須アイテムとして持っていきました。

 

パスポートは必須として、パスポートケースはあった方がいいと思います。無印良品のパスポートケースはかなり優秀で、これは持っていってよかったと思いました。

このケースなら、現金もチケットも機内で記入する入出国カードのボールペンも入れておけるし、クリアポケットもついていてバーツを入れるのにちょうどいいサイズなので日本円と混ざることもなく貴重品を一つにまとめて持っておけるので安心でした。

オペ代も含めてかなり高額の日本円を持ち歩かなければならないですが、80万円くらいなら余裕で入るので重宝します。

ちなみに成田空港にもバンコクにも無印良品はあります。

 

電子機器類ですが、正直ほとんど病院とホテルにいたのでモバイルバッテリーが必要になったということはなかったです。都内に前泊があったのでその時ように持っていきました。あった方がいいと思う人は、電圧だけ気をつけてください。

マウスやペンシルはPCケースに入っていたからそのまま持ってきたけど、いらなかったですね。

 

現金(日本円)は必須アイテムです。両替は日曜日以外なら病院でできます。スーパーリッチレートらしいのでここで十分だと思います。クレジットカードはホテルで使いましたが、退院の前に日本円を両替しておけば、現金で支払えるしカードはなくても大丈夫です。カードだけでいけるかっていうとちょっと難しいので、一応1万円くらいの日本円はあった方がいいと思います。

 

ハンカチとティッシュと除菌ウェットティッシュは、セブンで買えます。けど、ちょこちょこ重宝しています。特に除菌ウェットティッシュ。タイの路面店とかのテーブルは基本的に汚いので、持っていると便利ですし、とりあえず除菌しておけば大丈夫だろうという根拠のない安心感が心の支えになります。

 

ガイドブックは、暇つぶしになります。なくても困らないですね。ネットで調べればいいので。ただ、まとまっているちゃんとした情報なので、ネットよりは信頼できます。

 

洗顔シートは、今のところ見つけられてません。オペしたその日からずっとお風呂に入れないので、オペ前にベットサイドに準備していくことをお勧めします。僕は準備するのを忘れて、自分で持っていった除菌ウェットティッシュで顔を思いっきり拭かれて悶絶しました。

 

マスクはタイでも手に入ります。しかもなんかおしゃれです。

 

洗濯洗剤は、見覚えのある物が使い切りサイズでセブンイレブンに売っています。日本で買うより安いです。持っていかなくても大丈夫です。ちなみにTown In Town Gareden Resortの洗濯機は30฿です。

 

T字と眉毛用の剃刀を持っていきましたけど、これも売っていますね。なきゃどうしても困るってことはないです。

 

読もうと思ってもまぁ読まないのが本ですよね。どこかのタイミングで読もうと思います。

 

綿棒はセブンレブンで200本20バーツで売っています。100均で買って持ってくるだけ邪魔です。

 

入院中あると便利かなと思ったストローですが、入院中は病院がストローくれます。コンビニでもくれます。たまにくれないのでくれって言えばもらえます。わざわざいらないです。

 

絶対味噌汁飲みたいやろって思ったんですが、そうでもなかったです。あるから飲んでみたけどなくてもいいような気がします。偏食だったり食にこだわりがあるなら別ですが。なんなら日本食レストランいっぱいあるのでそこに行けばいいと思います。嵩張るし邪魔です。

 

日本のカップラーメンのクオリティって高いですよね。安心してください。日清のカップヌードル売っています。

 

ガモンのホテル、病院、Town In Town Gareden Resortすべてシャンプー等ついてます。入院中は全く入浴できません。退院してドレーンが外れたら患部を避ければシャワーを浴びることができます。オペから5日くらいでシャワー解禁になります。

僕は備え付けシャンプーで髪の毛がギッシギシになってしまったので持っていってよかったと思いました。

それにボディーソープではなく、石鹸と石鹸ケースを持っていくことをお勧めします。単純にハンドソープがないのと、パンツくらいなら手洗いできるので、石鹸は意外と重宝しました。

シャンプーもコンディショナーも日本で見慣れたものが売っています。しかも安いです。石鹸は見覚えあるものはないですが、石鹸王国なのでこだわりがなければ現地調達できます。

洗顔もわりと見覚えのあるものがセブンイレブンに揃っていますが、使い慣れた物の方が安心な人は持っていけばいいとおもいます。

 

困った時の正露丸ですけど、お腹壊しませんでした。近くに薬屋さんあるし、コンビニにも薬売っているし、どうしてもなきゃいけないってこともない気がします。

ロキソニンは、そもそも病院で痛み止めを大量にもらうので、行きの飛行機の中で飲んだ以外は用無しでしたね。常備薬がある人はあった方が安心すると思います。

 

ワックスとヘアスプレーはセブンイレブンで売っています。ギャッツビーとかマンダムとか。持っていってもいいけど、旅行用に小さいの買うくらいなら現地で買えばいいと思います。

クシと鏡は、病院からもらうアメニティに入っているのでなくてもいいし、どうしても必要ならセブンイレブンに売っています。

 

コンタクトとメガネは必要な人は必須ですね。こればっかりは現地で調達できないと思いますので。*3特にメガネないと何も見えない人は、オペの前にベットサイドにメガネ置いてからいくことをお勧めします。

ちなみにコンタクトの洗浄液はセブンイレブンにあります。僕はワンデーなので使わないですがオールインワンみたいなやつ、ありました。なんでもいいのであれば現地で手に入ります。

 

めぐリズムはなんとなく飛行機内で使ってみたけど、僕はそんなに効用を感じなかったです。現地にはないかもしれないですけど、ないからと言ってどうっていうわけでもないです。

 

歯ブラシも歯磨き粉もコンビニで売ってます。もちろん日本より安く。ホテルでも病院でもアメニティとしてあります。

 

ドライヤーは病院以外は備え付けがあります。病院でオペ前に風呂に入りますが、その時しか使っていないです。もしかしたら言えば貸してくれるかもしれません。それ以降は病院ではシャワーを浴びれないので必要ないですね。

ヘアアイロンは貸してもらえないですが、ドライヤー同様、そもそもシャワーを浴びることができないので意味ないです。数日後には浴びることができるのでそこで使うくらいですかね。

 

今回重宝したのは、エアリズムステテコです。薄くて嵩張らないし、あんまり露出しなくて済むので直射日光を避けられる上に涼しかったです。

室内はクーラーが効きすぎていて寒いので薄手の長袖は必須です。オペ前に服を買う余裕があるなら持っていかなくても買えばいいですね。現地調達可能です。

 

ビーサンというかサンダルとかクロックス的な物はあった方が良いですね。夏なんで。めんどい臭いです、靴下履いて靴履くのは。現地で買えます。

 

フェイスタオルはガモンホテルはありましたが、Town In Town Gareden Resortはバスタオルしかないです。なくても困らないですね。コンビニに売ってるし 。

 

折り畳み傘は出国前に東京滞在一泊があって、どうしても雨だったために持っていきました。傘くらいコンビニで買えばいいじゃんっていう話。

 

ワサビの殺菌作用を信じているけれど、屋台の食べ物とか食べなかったし、バンコクってなんだかんだ新潟より都会だから、まぁ、心配し過ぎな気がします。

 

イヤホンは飛行機内で重宝しました。

筆記用具は機内で使うので、ボールペン1本パスポートケースに入れておきましょう。

帽子は、退院後、毎日病院に通うので髪の毛ボサボサ隠しにあれば楽です。持っているなら持っていくといいんじゃないですかね?くらいです。わざわざ買わなくていいですよ。

Amazonで売っているタイのSIMカードとシムカードを取り出すためのピンです。必須ではないですがSIMフリーなら入れとけば、便利だよっていう代物です。 空港でも買えますし、多分街中でも買えますけど、Amazonなら安いし、飛行機の中で準備すれば、空港に着いたタイミングで使えるので楽ちんですよ。

持ち物ベストアイテムはこれ

  • パスポート
  • パスポートケース
  • ショルダーバック
  • iPhoneと充電器
  • 現金(日本円)
  • 洗顔シート
  • アルコール除菌ウェットティッシュ
  • ファブリーズ
  • 延長コード
  • 着替え(薄手の長袖)
  • コンタクトとメガネ
  • 常備薬
  • イヤホン
  • ボールペン
  • SIMカードとピン
  • 帽子
  • サンダル

以上です。あとは、自分で必要だなと思う物を加えればいいと思います。基本的に、ないと困る物は最初にあげた、パスポートと現金とスマホだけです。あとはセブンイレブンに売っています。 気楽にタイに向かいましょう!

スポンサーリンク
 

 

 

 

*1:ガモンはJCB使えません

*2:但し、使用に際してなんらかのトラブルが発生しても責任は負いかねます

*3:現地調達できないことはないけど、まずメガネもコンタクトもないのに外に出れないよね

© 2016 よーじ通信