よーじ通信

底辺社内ニートがプログラミングや役に立ちそうなネタを書いています

よーじ通信

【30代からの大学受験】国語・数学・英語の独学なら、スタディサプリがオススメな理由

国数英を独学するならスタディサプリがさいつよだった

www.youji0511.com

 

前回の記事では「スタディサプリは独学にむかない」と書きました。

独学にむかないのは、物理と化学です。

スタディサプリを使用して1ヶ月経った現在、国語・数学・英語はスタディサプリで独学できる! むしろ、国語・数学・英語こそ、スタディサプリを使って勉強すべき! ということがわかったので、その理由を書いていきます。

 

スポンサーリンク
 

国語の勉強方法

今更、国語、特に現代文は一体何を勉強していいのかわからないと思うことはないだろうか?

国語が苦手な人の特徴として「作者の気持なんか知らない」だとか「たくさん文章を書いたのに、不正解だった」など、おおよそ解答の仕方がわからない人がほとんどだ。

国語にだって、解法がある。

その解法を明確に教えてくれるのが、スタディサプリだ。

特に苦手意識のある人は、高1ベーシックレベル現代文(8講義)から挑戦するとよい。その後、高1現代文(14講義)にランクアップしよう。

高1と高2のベーシックレベル現代文と現代文は同じ内容になっているので、高1か高2の好きな方をやってみるとよい。

それが完了したら、高3スタンダードレベル現代文(24講義)に挑戦しよう。

この時点で、38種類の現代文を解いている。ここまでくれば、センターレベルは余裕で解けるようになっている。

そこまで来たら、高3トップ&ハイレベルを解いてみるといいだろう。

 

英語の勉強法

筆者は、とにかく英語が苦手である。

どのくらい苦手かというと、中学一年一学期の中間以降、40点以上取ったことがないというくらい苦手である。

英語に苦手意識のある人は、大学受験用の参考書を見ると拒絶反応を起こすと思う。

そんな人にオススメなのが、高3スタンダードレベル<文法編>である。

この授業は英語の勉強をしていない。

とにかく暗記科目と思い込んでいた英語の勉強法そのものを覆してくれる。

いきなり高3スタンダードってハードル高くないか?と思うかもしれないが、どのレベルだろうと、理解できる。

知らない単語が出てくるが、単語の意味も教えてくれるし、何なら辞書をひけば良いだけなので、さほど問題はない。

英語の勉強が楽しくなること間違いなしである。

現在、スタディアプリのTVCMで流れている映像はこの講師の授業である。

まさしくあのままの授業が繰り広げられている。

筆者は、この講義で初めて英語面白いな、と思った。

英語が得意な人にもオススメである。

なぜなら今までの自分の英語の知識を全て覆されるからだ。

とにかく、一週間お試しで騙されたと思って見てみてほしい。

騙されたな、と思ったらそのまま退会してもらえば損はしないので。

 

スポンサーリンク

 

数学の勉強方法

スタディサプリの中で最も親切丁寧に根気よく説明してくれているのは、数学の講座だと思う。これを現役時代に見たかったと思う程ひとつひとつ丁寧に説明してくれる。全くのゼロ、むしろ、マイナス状態からでも確実に理解できる。

こんなに丁寧に説明してくれる参考書を他に知らない。

ただ、一つだけデメリットがある。

それは、問題数がかなり少ないことだ。

一つの問題を懇切丁寧に説明するので、多くの問題を解くことはない。

そこで、チャート式と併用して行うとよい。

チャート式もそれなりに丁寧ではあるが、苦手意識のある人がチャート式を手に取ってしまうと、まずその厚さにドン引きしかねない。

従って、とりあえずはスタディサプリでベーシックレベル数学ⅠAを履修しよう。

チャート式を後から購入することはいくらでも出来るので、あれこれと手を出さず、とにかくスタディサプリに集中していこう。

 

スタディサプリ活用法

一講義の所要時間は1時間前後だ。社会人で仕事の後に一時間ガッツリ集中して行うというのはなかなか難しいかもしれない。チャプターに分かれているので、チャプターごとに細切れで見るというのも一つの手だろう。

しかし、出来れば一講義はまとめてみた方が効率が良い。

そこでオススメなのが、1.25倍速、もしくは1.5倍速で映像を見ることだ。

特に国語や数学はとてもゆっくりしゃべってくれている。

通常の話すスピードよりも遅いため、倍速にするくらいがちょうどいい。

英語はそこそこ早口であるが、最初から1.25倍速で見ていれば全く問題なく見ることが出来る。

時間をかければ良い、というものでもないので、映像を見る時間を短縮し集中しなければ行けない時間を短くすることで、効率よく勉強することが出来る。

人間の集中力はせいぜい15分と言われている。

チャプターひとつが15分前後*1なので、倍速でチャプターを見て、休憩をはさみながらなるべく1日1講義をこなしていこう。

 

おわり;オススメの参考書

さて、物理や化学はスタディサプリじゃ無理だということがわかったので、とりあえず簡単な参考書を購入した。

数多あるなかで、筆者がわかりやすくそれなりに説明の多い参考書という事を基準に選んだのがこちら。

 

 

言わずと知れたド定番である。なんだかんだでやはりこれが一番ちゃんと説明されている。その上、わかりやすい。カラーなので何となく親しみやすさもある。

 

物理は、参考書を読んでいてもわかる気がしなかったので、とにかく問題を解いていった方がわかるのではないか?と思い、とても簡単な問題集から挑戦することにした。この問題集は中学理科レベルから始まっているので、その時点で苦手意識のある人にはオススメである。一冊1000円程度で、薄いので比較的継続しやすい。この時点でハテナが並ぶ人は、臆せず中学レベルからやり直した方が良い。その方が無理にやり続けるよりも効率が良い。

 

数学は以前も紹介したがチャート式の黄色を使用している。高校時代ほとんど開いたことがないチャート式だが、最初のページからよく読んで始めてほしい。

まさかこんなに丁寧な参考書だとは知らなかった。

自分が使っていたチャート式はこんなにわかりやすかったのだろうか?と未だに疑っている。

 

あれこれと手を出す必要はない。

スタディサプリだけでも月980円かかっているので、とにかく集中してスタディサプリをやっていくだけでも最初は十分である。

ただ、何となく、参考書を買いたい、買うことによってモチベーションがあがるという人は、いきなり難しいものに手を出すのではなく、今の自分が読んでわかるなと思えるものを購入しよう。

スポンサーリンク
 

*1:長いものは20分強ある

© 2016 よーじ通信