よーじ通信

底辺社内ニートがプログラミングや役に立ちそうなネタを書いています

よーじ通信

無職期間三週間目に突入したけど、ぶっちゃけ暇すぎる

f:id:youji11410:20170403105507j:plain

4月になり、世間では、新年度がはじまりました。新生活が始まった方もいらっしゃるかと思います。一方で僕は、まだ無職です。

無職って暇じゃね?

働いている時は、「俺も一ヶ月夏休みがほしいいいいいい」なんて思っていたけれど。実は、無職期間がこんなに長いのは、人生で3回目。

一回目は、高校を辞めたときです。日が昇ってから就寝し、日が暮れたら活動していました。そんなことを一ヶ月くらいやっていたと思います。ちょうど友達も夏休みに突入した時期だったので、遊び相手には困らなかったし、高校生だったからただ集まってダベるだけで楽しかったですね。

夏休みが終われば、暇になるのは必然です。仕方が無いから受験勉強をはじめてみました。おかげで次年度には、無事に高校生になれました。

二回目は、新卒で辞めた会社からスーパーに転職して、半年で飽きて辞めて実家に帰ったときです。合算で一年の勤務期間があったので、めでたく失業保険が使えました。

就活はするものの、当然Fラン卒で半年で仕事を辞めた人間にできるような仕事はなかなかありません。失業保険が出るまでの三ヶ月は知り合いのところでバイトさせてもらってダラダラ過ごして、保険が出てからの三ヶ月は一応何かやっている体裁を保つために、家事と資格取得に励んでいました。二ヶ月目で職が決まったので、ニート脱出できました。

そして三回目が今です。予定ではもう就職しているはずだったんですが。本命の選考がなかなか時間がかかったのに、落ちてしまったため予定が狂いまくりです。

金曜日に応募書類を提出した会社から早く連絡が来て欲しいです。

そういえば、離職票もまだこないんですよ。僕が記入すべき欄があるなら、僕がいる間に手続きしてほしかったです、マジで。

沖縄から新潟に書類が送られてきて、指定された場所に署名捺印をして送り返したら、記入漏れがあったと連絡がきた。いつになったら離職票がくるんだろう。

いざ時間があると、何をやれば良いのかわからない

時間ができたら、アレをやろう、コレをやろうと思っていたり、アレをやりたい、コレをやりたいって考えていたはずなのに、無職に成った途端全てを忘れてしまいました。何をやろうと思っていたのか忘れてしまいました。

基本的に仕事をしたくない人なので、ただの現実逃避だったのかもしれないです。逃避の必要がなくなったら、これと言って「何かをしたい!」という欲求すらなくなりボーっと呼吸をしているだけです。

つまり、暇になったところでやらないので、やろうと思ったらやるべきですね。

こうやって文章にしてみて思い出したのが、そういえば本を読もうと思っていたな、とかプログラミングをやろうと思っていたな、とかおもいだしました。

おわり:とりあえず、就職が決まるまで、プログラミングをやろう

 

すっかり後回しになっていた、これ。今こそやるべきしょ!ということで、今日からまたプログラミングをやっていこうと思います。おわり。

スポンサーリンク
 
© 2016 よーじ通信