よーじ通信

底辺社内ニートがプログラミングや役に立ちそうなネタを書いています

よーじ通信

沖縄から新潟に引っ越ししたので、行った手続きをまとめてみた

f:id:youji11410:20170321141137p:plain

引っ越しすると、意外とやることが多いんですよね。やるべきことをまとめてみました。

スポンサーリンク
 

引っ越すときにやる手続き

引っ越し前にやる手続き

手続きしてからすぐ反映されるものと、一ヶ月から二ヶ月かかるものがありますので、引っ越しが決まった段階で早めにやっておいた方がいいものをまずは紹介します。

口座変更用紙の請求

僕は沖縄県から新潟県に引っ越しするにあたり、転職も同時にしました。そのため、給料の振り込まれる銀行が代わります。同じ県内に引っ越す場合は必要ないかもしれません。

毎月必ず引き落とされるものは、古い口座のままにしておくと、引き落とされずに滞納してしまう危険性がありますので、口座変更は忘れずに行いましょう。

  • 奨学金リレー口座(一ヶ月から二ヶ月かかります)
  • 生命保険
  • クレジットカード口座変更

奨学金や生命保険の口座変更は、書類を取り寄せる必要がありますので、早めに手続きをする必要があります。

独立行政法人日本学生支援機構 - JASSO

f:id:youji11410:20170321142539p:plain

奨学金メニューから返還中の願出・届出をクリック

 

f:id:youji11410:20170321142801p:plain

振替口座の変更をクリック

 

f:id:youji11410:20170321143048p:plain

口座申込書の請求はこちらをクリック

 

f:id:youji11410:20170321143243p:plain

3.金融期間窓口での手続きを希望する方をクリック

 

f:id:youji11410:20170321143541p:plain

口座振替申込書を請求するボタンをクリック

 

f:id:youji11410:20170321143726p:plain

必要事項を記入します。2〜3日で用紙が届くと記載されています。沖縄では3日かかりましたので、余裕をもって請求しましょう。

 

僕が加入している生命保険の口座変更は、奨学金と同じように用紙を請求し、郵送しました。

僕は、実家に戻ったので、地元の口座を持っていたので、新しく口座を作る必要はありませんでしたが、引っ越し先で新しく口座を作る場合の方が多いと思います。

その場合は、旧口座にお金を入金するのを忘れずに。

 

クレジットカードは、僕の場合、楽天カードだったので、ネットで手続きできました。10日21:59までであれば、その月の引き落としから新しい口座から引き落としされます。

楽天e-NAVI: ログイン画面

楽天e-NAVIにログインします。

f:id:youji11410:20170321145348p:plain

トップページ上部にあるお客様情報をクリックします。

 

f:id:youji11410:20170321145629p:plain

お支払い口座の照会・変更をクリックします。

画面推移し、インターネットタブから、画面下にスクロールすると、地方銀行を選ぶことができますので、キャッシュカードを手元に用意し、変更します。

 

引っ越し先の口座があれば、ここまでは、引っ越し前に終わらせることができます。引っ越し後は他にも手続きがたくさんありますので、先に終わらせておくと楽ですよ。

転出届手続き

今まで住んでいた市町村を出て、違う市町村に引っ越しする際に、何よりも大事なのが、転出届を住民票のある役所にとりにいくことです。同じ県内でも、市町村が変わるだけで、住民票を移す必要があります。転出届は役所に直接行かないともらえないので、引っ越し前に必ずとりにいきましょう。

転出手続きをしてから14日以内に転入手続きが必要ですので、できれば引っ越しの前日に行うといいでしょう。

3月に引っ越す場合、役所がとても混んでいますので、時間の余裕を持って手続きに行きましょう。僕は那覇市役所で2時間、新潟の市役所で1時間かかりました。 

住所変更の用紙に必要事項を記入するだけです。お金はかかりません。

印鑑登録証がある人は、住民票を異動する際は抹消手続きが必要です。印鑑登録証の登録抹消も忘れずに行いましょう。

 

住所変更

住民票の提出が必要ないものについては、引っ越し先の住所が決まっているなら、引っ越し前にちゃちゃっと住所変更を済ませておきましょう。

奨学金については、口座変更とともに変更できますし、大抵のものはネットにて変更できます。

郵便転送手続き

郵便物は、転送手続きをすることで、旧住所に届いたものを新住所に転送してくれます。

あたらしい町にも、しっかり届く安心。e転居 - 郵便局

転送手続きは、インターネットが楽です。反映されるまでに一週間ほどかかります。反映される前に新住所へ荷物を郵送すると、配達されない恐れがありますので、こちらも早めに済ませておきましょう。

 

その他、必要な手続き

ガス・電気・水道の解約

ネットの解約

児童手当受給事由消滅届提出

在学証明書・教科書給付証明書

などがあります。

 

引っ越し後にやる手続き

転入届手続き

引っ越したらなるべくその日のうちに、転入手続きを行いましょう。

転出届と同じように、市役所で住所変更用紙に記入し、転出届と一緒に提出します。このとき、マイナンバー通知カードの住所も変更されるので、マイナンバーも忘れずに持っていきます。

印鑑証明が必要な人はここで登録を行います。

このとき、新しい住所になった住民票も購入しておきましょう。免許の住所変更に使います。

運転免許証の住所変更

運転免許の住所変更は、管轄の警察署で行います。

最寄りの警察署に、免許証と新しい住所の載った住民票を持っていきます。同じ県内であれば、どこの警察署でもできます。免許センターでも可能ですが、警察ですと、5分もかからず変更できます。免許センターの場合は、他の手続きの方もいて、時間がかかる可能性があります。交通課で、住所を変更したいと言えば対応してもらえます。

調べると、印鑑や写真が必要とありますが、沖縄でも新潟でも、印鑑と写真は必要ありませんでした。必要な地域もある可能性がありますので、念のため持っていくといいでしょう。

大体の身分証明は運転免許証で行いますので、新住所が載っていると手続きが楽です。転入届と運転免許証の住所変更はなるべく早く済ませましょう。

口座変更

準備しておいた金融機関に提出する口座変更用紙を提出しにいきましょう。もしくは、その場で口座を開設します。口座開設の際には、新住所の載った身分証明症が必要ですので、運転免許証の住所変更を済ませてから、口座開設を行います。

 

この他に、新居の場合は公共料金の手続きなどもありますので忘れずに。

おわり

第一弾として、引っ越にあたってやった手続きは以上です。この他に、年金や保険の手続き、転職に伴う手続き等もありますが、まだ離職票が届いていないので、届いたらまとめようと思います。

引っ越しそのものも何かと大変ですので、早め早めに行いましょう。

今回引っ越しにあたって行った手続きは

  • 転出・転入手続き
  • 住所変更
  • 口座変更

でした。

 

スポンサーリンク
 

こちらも合わせてどうぞ▼

ハローワークで県外のお仕事を紹介してもらえるって知ってた?

© 2016 よーじ通信