読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よーじ通信

底辺社内ニートがプログラミングや役に立ちそうなネタを書いています

よーじ通信

Macで使えるメカニカルキーボード(茶軸)MINILA Airを購入したのでレビューするよ!

f:id:youji11410:20170122150351j:plain

先日注文したFILCO Majestouch MINILA Airが届いたので早速レビューしていくよ!

スポンサーリンク
 

 

FILCO Majestouch MINILA Air が届いた!

f:id:youji11410:20170122150351j:plain

じゃじゃん!先日注文したメカニカルキーボードが届きました。

箱の大きさは幅325×奥行185×高さ48mm。コンパクトを手にしたのは初めてだったのですが「やっぱ小さいな」という印象です。ちょっと重たいですね。

 

f:id:youji11410:20170122150627j:plain

開封の儀!!ということで早速開けてみます。ちゃんと説明書がついてます。最近、りんご製品ばかり買っているので説明書があることに驚きました。

 

f:id:youji11410:20170122150912j:plain

結構固めのプラスチックカバーがついてます。

 

f:id:youji11410:20170122151517j:plain

箱から出しました。梱包品は、本体、使用電池(単3)、交換用キーキャップ

FILCO Key Pullerの4つです。

 

製品仕様

サイズ:幅297×奥行き124×高さ40mm(スタンド使用時46mm)

重 さ:680g(電池別)

キーピッチ:19mm(キーの中心から隣のキーの中心までの距離のこと/MBPも19mm)

キーストローク:4 ±0.5mm(キーが沈み込む深さのこと/MBPは2mm)

接 続:Bluetooth Ver.3.0

 

f:id:youji11410:20170122151809j:plain

MacBookPro17インチと並べるとこんな感じ。MINILAの方が小さい気がしましたが、実際のところはほぼ同じくらいですね。

 

f:id:youji11410:20170122152836j:plain

正面から見た様子です。奥に向かって高くなっているのがわかるかと思います。

 

f:id:youji11410:20170122153851j:plain

横から見た様子です。赤い線のところが48mmです。一番低いところで約21mmです。

 

f:id:youji11410:20170124101025j:plain

後ろから見た様子です。

 

f:id:youji11410:20170124144914j:plain

スタンドです。閉じてる様子。

 

f:id:youji11410:20170124145052j:plain

スタンドを最大限立てた様子。一応無段階調整できるらしいのですが、途中で止まる仕様ではないので、ちょっとした衝撃で全開になります。

 

スポンサーリンク
テックアカデミー

 

Bluetoothを設定してみよう!MacBookPro編

それでは早速使えるようにしていきますよ!

 

f:id:youji11410:20170124155333j:plain

ひっくりかえしました。電池を入れます。

 

f:id:youji11410:20170124102518j:plain

ここが電池を入れる場所です。

 

f:id:youji11410:20170124103303j:plain

流石に電池の入れ方は必要ないと思いますが、念のため。

 

f:id:youji11410:20170124103852j:plain

電池を入れたらスイッチをONにします。ONにするには、つまみを右側に動かしてください。

 

f:id:youji11410:20170124155517j:plain

電源をONにしたら、ついでにBluetoothのペアリングスイッチもポチーっとちょっと長押ししておきましょう。爪楊枝の頭でやるとちょうどいいですよ。

 

f:id:youji11410:20170124110547j:plain

ここが青く点滅したら、通信を開始しています。点灯ではなく、点滅です。

 

パソコン側の設定

f:id:youji11410:20170124145445p:plain

Mac側のBluetooth設定をします。まずは、デスクトップにBluetoothマークを出します。Magic Mouseを使っている方は必要ないかもしれませんので、飛ばしてくださいね。

システム設定→Bluetoothを選択します。

 

f:id:youji11410:20170124145552p:plain

メニューバーにBluetoothを表示にチェックを入れます。【Bluetooth:切】になっていたら【Bluetoothを入にする】をクリックします。

 

f:id:youji11410:20170124145955p:plain

【Bluetooth:入】になったら、ペアリングをクリックします。

 

f:id:youji11410:20170124150042p:plain

接続済みになればOKです。

 

Bluetooth設定がうまくいかなかった時の対処法

対処法は3つ。

電源を入れ直す

一つ目は、MacのBluetoothとキーボードの電源を一度きり、Mac側のBluetoothを入れ、キーボード側の電源を入れ、ペアリングスイッチを入れます。

モジュールをリセットする

f:id:youji11410:20170126105900p:plain

option+Shiftを押しながら、デスクトップ画面左上にあるBluetoothマークをクリックする。

f:id:youji11410:20170126110006p:plain

デバック→Bluetoothのモジュールのリセットを選択する。

完了したら、Macを再起動します。

 

NVRAMをリセットする

1.Macをシステム終了する(音量ONにしてから)

2.電源を入れる

3.起動音が聞こえたら⌘+option+P+Rを同時に押し続ける

4.2度目の起動音が聞こえたら放す

 

リセットされたら、スピーカーの音量、画像解像度、時間帯の情報などを設定し直す必要があるかもしれませんので、必要に応じて設定しなおしてください。

 

この三つを試しても改善されない場合、wifi干渉が濃厚ですね......。wifiを5GHz帯に変更できる人は、5GHz帯にすると改善されると思います。

  

キーボードの設定をしてみた!

続いて、キーボードの設定をしていきます。よく見ると、Macのキー配列とは微妙に違うことがわかります。

これを、なるべくMacの配列に合わせてみます。

 

f:id:youji11410:20170124112203j:plain

Macは左から Fn Ctrl option cmd⌘ スペース cmd⌘ option という並びになっています

 

f:id:youji11410:20170124113937j:plain

こっちがMINILAです

左から Ctrl Win(cmd⌘) Alt(option) Fn スペース Fn Alt(option) Appという並びになっています。

 

f:id:youji11410:20170127095551j:plain

 コマンドキーとオプションキーが逆なので、まずは物理的に入れ替えます。

 

f:id:youji11410:20170124114428j:plain

ここで、FILCO Key Pullerを使います。これで、キートップを簡単に外すことができます。

 

f:id:youji11410:20170124132314j:plain

ワイヤーの部分を広げて、キーを挟みます。手を離せば自然と斜めになりますので、そのまま取手を持って真上に引っ張れば簡単に外れます。

 

f:id:youji11410:20170124132757j:plain

こんな感じで斜めに引っ掛けて引張るのが簡単に外すコツですよ。

 

f:id:youji11410:20170124133532j:plain

キートップを入れ替えました。

 

パソコン側の設定 

f:id:youji11410:20170124143110p:plain

環境設定→キーボードを選択します。

 

f:id:youji11410:20170124143330p:plain

修飾キーを選択します。

 

f:id:youji11410:20170124143944p:plain

キーボードを選択でFILCO Bluetooth Kyeboardにします。

Option→⌘Command

Command(⌘)→Option

に変更します。OKをクリックして完了です。

 

初期設定はこれで完了です。他にも設定したい人はググるか、説明書を読んでね。

 

使ってみた感想

キーボードのタッチ感

期待していたクリック感は、微かにある程度です。クリック感よりもキーがぶつかる音が気になります。

とりあえず会社では使えません。煩くてw

修飾キーについては、ちょっと戸惑いますが慣れればそこまで不便じゃない気がします。

ちょっと使っただけでもタッチの軽さと、普段自分の手の動きにかなりの無駄があったことが実感できました。手をよく動かしていたんですが、このキーボードだと殆ど動かさないので、なんでそんなにいつも無駄に動かしていたんだ?という感じ。2、3時ほど文章を打ってみましたが、段違いですね。肩が全疲れないので長時間作業するなら絶対メカニカルキーボードを使うべきです。

Fnキーのメリットは今のところあまり感じていませんw本当は矢印とかFnで使いこなすと無駄が減ってタイピングが少し早くなるのかなぁという気もします。

デメリットはFnがちょっと邪魔ですね。普段、MBPでは【command+Shift】で仮名と英字を切り替えているので、FnがShiftの隣りにあると、押し間違えが多いのでこの作業がちょっとめんどくさいです。

 

Bluetoothは避けた方が良いかもしれない

普段ネットをwifi接続している方は、BluetoothオンリーのAirモデルは避けた方が懸命かもしれません。というのも、wifiとBluetoothが干渉して、一回しか押してないのに連続して入力されるという現象が起きます。日本語入力ならば、まぁ消せば良いかとも思えるのですが、プログラミング作業中にこれは結構キツイです。

wifiを5GHz帯に変更できる人は、変更すれば問題なく使えます。 

ノートパソコンなら、マウスがいる

ノートパソコンの前にキーボードを置くスタイルなので、トラックパッドを使う場合、キーボードを乗り越えて使わなければいけません。

これがなかなか邪魔臭い。マウスがあった方が良いですね。しまってあったMagic Mouseが絶不調なので、こいつもなんとかして使えるようにしてその後をまた報告したいと思います。

 

まとめ:メカニカルキーボードはマストバイアイテム

なんだかんだと不便な点を挙げましたが、キーボードそのものの問題ではないので、純粋にキーボードだけを考えると、確実に2017年買うべき商品ですね。

 というのも、やっぱりコレだけ毎日毎日キーボードを使っていて、プログラマに限らずブロガーさんにとってもキーボードって商売道具なわけですよ。そうなると、なんだっていいよねって言うわけにはいかない。より早く正確なタイピングができた方がいいし、疲れないならそのほうがいいに決まってます。

商売道具について、今一度見つめ直してみてはいかが?

 

スポンサーリンク
テックアカデミー

▼こちらもあわせてどうぞ▼

FLICOのメカニカルキーボード茶軸を購入したので解説する

© 2016 よーじ通信