よーじ通信

底辺社内ニートがプログラミングや役に立ちそうなネタを書いています

よーじ通信

Macで使えるメカニカルキーボード(FLICO茶軸)を購入したので解説する

f:id:youji11410:20170118223531j:plain

僕は普段MBPを使っているので、キーボードにこだわっているわけではありません。しかし、最近肩こりがひどくなりすぎて背中が痛いんですよ。キーボードを変えてみたら多少は良くなるかもしれない?という口実のもと、メカニカルキーボードを購入しました。

スポンサーリンク
 

 

かっこいいじゃん?メカニカルキーボード

そもそもメカニカルキーボードって普通のキーボードと何が違うわけ?ということで購入前に、キーボードについて調べてみました。

キーボード配列について

まず、メカニカルキーボードと普通のキーボードの違いの前に、キーボードの種類について解説します。メカニカルキーボードに限ったことではなく、全てのキーボードに共通しています。

それがキーボード配列です。キーボードには大まかに3つの種類の配列があります。

  • JIS配列 かなあり
  • JIS配列 かななし
  • US配列 

 JIS配列はその名の通りJIS規格で決められた日本語配列です。大抵の方はこの配列のキーボードを使っていると思います。*1

JIS配列には「かなあり」と「かななし」があります。キーボードにひらがなが書いてあるかどうかという違いです。ひらがなが書いてあるJIS配列が「かなあり」、アルファベットしか書いてないJIS配列が「かななし」です。

US配列は、海外で使われる配列です。こちらはMacユーザーでカスタムしている人に多いかと思います。もちろん、キーボードにひらがなは書いてありません*2

JIS配列との違いは記号の位置です。アルファベットや句読点と幾つかの修飾キーの位置はJIS配列と同じです。

日本語の文章を打つことが殆どという場合は、そこまで不便ではないと思いますが、記号を多用するようなプログラミングの場合は好き嫌いが分かれると思います。

どちらが使いやすいかということで度々議論になりますが、好きな方をお使い下さい。僕は会社ではJIS配列かなあり(Win)、私用ではUS配列(Mac)を使っていますが、どちらも一長一短です。どちらかが断然優れているということはないですね。

個人的な感想ですが、記号の入力をしやすいのはUSです。けど、感覚的に体がJIS配列で覚えているので記号入力がこんがらがります。それでもなぜUS配列の方が入力しやすいかといえば、関連性のある記号がまとまって配置されているからなんです。

例えば、JISで「」は上下ですが、USは横並びです。JISで;:は横並びですが、USは同じキーの中にあります。JISはハイフンとイコールが同じキーですが、USはハイフンとアンダーバーが同じキーにあり、プラスとイコールが同じキーにあります。

などなど、細かい違いがあります。大抵の記号の場合はUS配列の方が入力しやすいと感じましたが、アンダーバーと、イコールだけはよく間違えます。

JIS配列でアンダーバーは、Shift+ろで入力できますが、US配列だとへの位置にあります。イコールはJISだとShiftがいるので、間違えてShiftを押して+を入力してしまいます。

とはいっても、大した問題じゃないでしょ?だから、お好きな方でいいと思いますよ。言うほどUSが不便ということもないし、思ってるほどJISは便利じゃないですw

 

キーボードのサイズ

もうひつとつ、サイズの違いというものがあります。

こちらも3種類あります。

  • フルサイズ
  • テンキーレス
  • コンパクト

 

f:id:youji11410:20170120100503j:plain

こちらが最もオーソドックスなWindowsのフルサイズキーボードです。これはJIS配列(かなあり)です。デスクトップパソコンなどでよく使われていますね。

 

f:id:youji11410:20170120105811j:plain

これがテンキーレスタイプです。フルサイズから数字キー(テンキー)がなくなったタイプです。テンキーを余り使わない人はこちらを選んでいるようですね。

これはJIS配列のかななしタイプです。ひらがなは書いてませんが、上のフルサイズとほぼ同じ配列になっています。

 

f:id:youji11410:20170120101407j:plain

こちらがコンパクトタイプになります。ギュギュギュっと必要最低限のキーを収めてありますね。こちらもJIS配列です。矢印とその周りの装飾キー以外はどのサイズも基本的に同じです。

 

f:id:youji11410:20170120114036j:plain

こちらはUS配列のコンパクトタイプです。装飾キーの位置が違いますが、アルファベットキーの位置は同じです。大きな違いはエンターキーですね。日本語入力は、入力→変換→決定という過程があるので、JIS規格のエンターキーは押しやすいように大きくなっています。メーカーによってもキーの位置などは多少異なります。

 

メカニカルキーボードと普通のキーボードの違いは?

メカニカルキーボードとは、キーにスイッチバネが入っているものを言います。試しに、今持っているパソコンのキートップを外して中を見てみるといいですよ。壊さないように気をつけてね。

 

f:id:youji11410:20170126112719j:plain

黒い部分がラバードームです。これはメンブレン方式のパンタグラフ式になります。

 

f:id:youji11410:20170126113112j:plain

こちらはメンブレン方式のラバードーム式ですね。

大体、メンブレン方式といえばこちらを言います。パンタグラフ方式とは区別しています。

メカニカルキーボードはこのラバードームの部分が金属製のスイッチやバネになっています。

それの何がメカニカルなのかといえば、プロ仕様ってことです。自家用車とF1カーの違いみたいなものです、多分。

何がすごいかまだよくわからないですか?んーそうですね、押すとちょっと気持ちよくて、それっぽいのでなんとなくかっこいいんですよw

ヨ○バシとかに売っているので、何かのついでに触ってみてください。クリックの違いを体感できますよ。

 

スポンサーリンク
 

メカニカルキーボードの肝は軸

f:id:youji11410:20170118171347j:plain

スイッチのことを日本語で「軸」と言います。

青軸 茶軸 赤軸 黒軸 の4つがあります。他にも白やオレンジ、緑などもありますが、とりあえずこの4つが主流になります。

この軸は、CHERRY MXスイッチといい、ドイツのZF Electronics社の製造するもので、いわゆる正規品と呼ばれるものです。*3

 

青軸

キーの重さはちょっと重ため。

4つの中ではスイッチ感が最もあるタイプ。カチャカチャ鳴ります。キーボードのカチャカチャ感が好きな人にはたまりません。

ということは、音が大きめなんです。職場や夜中には使いづらいかもしれません。あと、マイクが音を拾ってしまうのでそういう使い方をする方は選ばないほうが無難ですね。

 

茶軸

とにかく平均的な初心者向けの軸になります。キーの重さも、音も普通。クリック感は青軸ほどありませんが、ちょっとだけあります。

青軸と次に紹介する赤軸の間という位置づけのようです。なので、音もうるさくもなく静かでもなく、といったところですね。

 

赤軸

キーは軽め。クリック感はないので、カチャカチャ鳴りません。従ってとっても静かです。コスコスという独特な音が鳴ります。

赤軸は青軸よりも重たいという印象を持たれがちですが、本来は軽いんですよ。ただ、押すほど重たくなるようになっているので、そのせいで「重たい」と判断されているようです。

しっかり押さなくても軽いタッチでタイピングができるのが特徴です。

 

黒軸

4つの中で最も重たいのが黒軸です。黒軸は赤軸と同じように「リニアストロークタイプ」と呼ばれる仕様です。キーを押し下げるほどスイッチが重くなっていくので浅いタッチでタイピングするようになり、スピードが上がります。

更に、キーの戻りが早いので高速長文タイピングには黒軸がマストですね。

もちろんクリック感はありません。赤軸以上に篭った音がします。

 

このような軸を使っているものや「静電容量無接点方式」を採用しているキーボードがメカニカルキーボードと呼ばれています。各軸ともyoutubeで音の聞き分けもできますので比較してみては。

 

ちゃんと実用性があります

軸が変わったところで、○万円もキーボードに払うなんて、バカなの?×ぬの?と思いますよね。ちゃんとそれ相応の実用性があるから、プロ仕様なんです。

耐久性が高い

メンブレン方式キーボードは、ゴムでできています。つまり、劣化し易いんですね。

対してメカニカルキーボードは金属なので、どちらが耐久性があるかといえば一目瞭然です。

メカニカルキーボードは、1億回の打鍵(タイピング)に耐えると言われています。それが果たして長持ちすると言えるかわかりませんが、通常の使い方をする人ならば10年くらいは壊れないでしょうし、使用頻度が高い人はメンブレン方式キーボードでは話にならないわけです。

 

タイプミスが減る

メカニカルキーボードとメンブレン方式キーボードには大きな違いがあります。

メンブレン方式キーボードは、しっかりと押し込まないと認識されないという特徴があります。ですから、高速で入力するとタイピングが認識されないことがあります。そのため叩き付けるように音を立ててタイピングすることになってしまいます。

それに比べて、メカニカルキーボードは半分ほど押し込めば、認識してくれます。無駄な力が入らないので一日中タイピングしていると、体の疲労感が歴然の差になって現れます。

メカニカルキーボードならば思考と同時にタイピングすることも夢じゃありません。指を滑らすようにタイピングができるので、タイピングに邪魔されて指が引っかかることもなくスムーズに考えていることを入力できます。

タイピングの効率を挙げるなら必需品です。

 

使ってて気持ちいい

色々とそれっぽいことを言いましたが、まぁとどのつまりコレに尽きるわけです。プログラミングやるなら、カチャカチャキーボード叩かないと雰囲気出ないじゃないですか。

とはいいつつ、プログラミングをかじる前は、キーボードにうん万円だすのは変態だな、と思っていた僕です。しかし、プログラミングをやるようになって、キーボードによって違いがあることを実感しました。普段はMBPのUS配列でやっていますが、たまにWinのJIS配列でやることがあります。キーの配置で効率が違うのはもちろんのこと、キーの大きさやタイピングのしやすさなども重要になってきます。

弘法筆を択ばずと言いますが、あれは「あー良い筆がなかったから上手に書けなかったわー」という言い訳だってご存知でした?ということで、キーボードに毎日触っているのならば最適な道具を選びたいですね。

 

メカニカルキーボードの御三家

PFU HHK

ピーエフユーは日本のメーカー。富士通の完全子会社で、メカニカルキーボード「Happy Hacking Keyboard」を販売しています。

メカニカルキーボードの代表格といえるでしょう。とにかく段違いで使いやすい。これを使ってしまったらもう他のキーボードは使えないほどだそうです。

HHKProfessionalとは静電容量無接点方式、Lite2はメンブレン方式になっています。

無線と有線どちらも取り扱っています。

難点はただ一つ。高い。

もちろんMac用もあります。

 

東プレ Realforce

Realforceは、軸ではなくバネを使った「静電容量無接点方式」が採用されています。

通常タイピングには50〜60gの重量が必要と言われていますが、これは30gとほぼ半分の力でタイピングができます。

銀行などで業務用として使われていたものを個人用に販売し始めたものなのでその使いやすさは折り紙付き。カチャカチャとかコスコスというよりカチカチという懐かしい感じの音がするのがRealforce。

Mac用というものはありませんが、Macでも使うことができます。

HHKよりは安い。難点は有線しかないということ。

 

ダイアテック FILCO Majestouchシリーズ

さすがにキーボードに3万払うのは勇気がいるぜ......という方におすすめなのがマジェスタッチシリーズ。1万円程度から購入することができる本格的メカニカルキーボードです。

CHERRY社の軸を使っており、青、茶、赤、黒とラインナップも豊富なので、初めてメカニカルキーボードに挑戦する人も購入しやすいですよ。

有線、無線はもちろん、テンキーありなし、コンパクトそれぞれ揃っているので、自分の欲しいキーボードがきっと見つかります。もちろんMacにも対応しています。

 

FILCO Majestouch MINILA Air 67キー英語配列 FFBT67M/EB

僕は今回、FILCO Majestouch MINILA Air 67キー英語配列 FFBT67M/EBを購入しました。

選ぶにあたっての基準は以下の通り

  • 予算は2万円以下
  • MBPで使用する事ができる
  • US配列であること(今使っているのがUS配列だから)
  • パソコンは使用の度に片付けるのでBluetoothがいい

HHKは、全ての条件を満たしているものの予算オーバー。Winマークもないのでデザイン的にもベストなんですが、矢印がないのが少々気になるところ。初めて購入するにはちょっとハードルが高いので見送り。

Realforceは無線キーボードがないので、今回は見送り。

 

ということで、FILCOを選択しました。MajestouchシリーズのBluetoothモデルは、フルキーボード、テンキーなし、コンパクトモデルの3種類があります。

コンパクトはBluetoothのみですが、それ以外はUSB接続モデル、USB接続とBluetooth両方搭載モデルとあります。

テンキーは必要ないので、テンキーなしとコンパクトで迷ったのですが、ノートパソコンを使っている事もあり、スペースをとりたくなかったのでMINILA Airに決めました。

相当迷いまくったのですが、最も大きな決め手は、Winマークがついていないこと、側面にコマンドマークがついており、妥協できると考えたためです。

せっかくかっこいいからっていう理由でMBPを使っているのに、Winマークがついていたら興ざめです。Winも大好きですけどね。

 

Majestouch MINILA Airは、【FFBT67M/EB】が品番になります。68がキーボードの数、その後のアルファベットが軸の色を表しています。語尾はキーボードの種類です。

68がJIS配列、67がUS配列です。

軸の色は、M→茶軸、ML→黒軸、MC→青軸、MRL→赤軸

また、NBがJIS、EBがUSになります。*4

 

僕は迷った挙げ句、青軸だと煩すぎて同居人から苦情がきそうだったので茶軸を購入することにしました。

まとめ

商品が届くのは土曜日の予定なので、届いたら改めてレビューします。

 

ただカチャカチャかっこいいだけだと思っていたメカニカルキーボードでしたが、実は奥が深いことが今回わかりました。

人間工学や機能性が考えられている道具なんですね。プログラマーやゲーマーだけでなくブロガーやライターも商売道具の一つだと思います。昔で言うところの「筆記用具」ですからね。この機会に、キーボードについて一考してみてはいかが?

 

▼関連記事▼

Bluetoothメカニカルキーボード(茶軸)を購入したのでレビューするよ!

*1:もっと細かい分類もありますがここでは割愛しますね。

*2:入力は可能です

*3:版権が切れているので、他社でも製造するようになったという説もあるけど詳しくはは知らない

*4:MINILA AirのJIS配列は、かな表記がないモデルのみとなります。

© 2016 よーじ通信