よーじ通信

底辺社内ニートがプログラミングや役に立ちそうなネタを書いています

よーじ通信

【Python入門】プログラミング超初心者が0からはじめる入門編 vol.1

f:id:youji11410:20161214135026j:plain

プログラミングの専門用語どころか、プログラミングでなにができるのかさえ知らない超初心者がプログラミングを始めました。文系でも理系でもなく、芸術系がpythonをやってみる。環境構築のいらない、極力躓かない超初心者向け参考書をもとに学習していきます(Python2.7を解説しています)

スポンサーリンク
 

 

超初心者が初学に選んだのは、Python

僕が選んだ言語はPython(パイソン)です。僕はプログラミングをやるにあたって、webアプリ系言語をやりたいと考えていました。HTMLCSSはちょこっとだけかじっていたので、あとはRuby on Railsをやろうと決めていたんですが。

 

超素人の方はご存じないと思いますが、プログラミングをやるには環境構築が必要なんですね。*1

それで、環境構築をしようと思ったらなんやかんやあって、うまくいかなかったんです。

もう前途多難です。正直、くじけました。どーしよーと思いながら1ヶ月くらい放置。

で、本屋でいろいろ眺めていたら、最近良く目にするようになったのが「Python」。これは、パイソンと読みます。

 

Pythonって需要どうなの?

Pythonは人工知能(AI)と関係のある言語らしいです。そう、らしいんですよ。でも僕には、Pythonが使えると何ができるのかは、よくわかりません。

よくわからないんだけど、AIに関係しているなら、今後絶対需要の出る言語だろうという浅はかな結論に行き着きました。

 

paiza.hatenablog.com

 

本屋で本を探しながらスマホで簡単に調べたらこの記事を目にしました。3年経験者が4.7%なのに、年収が最も高い言語ってことは、今からでもまだ間に合う!のではないか?

しかも、今は求人人気はRubyの1/3の5.7%だけど、今後伸びる分野であることは確実だろうから今から初めてもビックウェーブに乗れるのでは!?という結論に達しました。

 

それとただ単純にAIがいる未来のSFチックな小説の世界が好きなので、ただのミーハー感も確実にありますけどね。

 

ということで、Pythonは多分需要はある!!

 

初心者向きなPython 

よく、プログラミングを始める前に、プログラミングを使って何がやりたいか決めよう!と言われます。

プログラミングをやるというのは目的ではなく、方法でしかないですからね。

でも、正直プログラミングで何ができるのかわからないけど、なんとなくやってみたい!っていう人、多いと思うんですよ。

「何をしたいか」を考えるために何ができるんだろう?って調べはじめたのは良いけど、始める前に挫折するってよくあるパターンに陥る。

こまけぇことはいいんだよ! 

とりあえずやろうぜ!やっていくうちに、何ができるのか見えてきて、そしたらこんなこともできるんじゃないか?これはこういうシステムがあったらもっと良くなるんじゃないか?という発想が生まれて、「何がしたいのか」が見えてきますから。

 

ということで僕は、「何がやりたいか」を知るために「とりあえずプログラミングを始める」ことにしました。

知らない世界なのにやりたいこともクソもないでしょ。なので、Rubyを一旦諦めて、わかりやすそうな参考書がある言語を選ぶことに。

本屋に並んだ本をパラパラを見ていると、ソフトをダウンロードする必要がなく、ブラウザで操作できる上に、とっても初歩的なことから丁寧に説明されている参考書を見つけたので、Pythonにしました。

環境構築で躓いた僕にはもってこいです。

しかもこの参考書、全ページフルカラーで一つの作業をほぼ見開き一ページに書いてあるので、一ページ終われば一つのことができるようになっているわけです。ひとつひとつ前に進んでいる感覚が味わえるので、挫折しやすい初学者に適切な参考書です。 

 

※この参考書は、Python2.7を解説しています。 *2

 

スポンサーリンク
テックアカデミー

さぁ!はじめよう!

せっかくなので、この本に沿って作業しながら、学習記録をつけていきます。多分この本だけではわからないと思うので、補足で調べた分などを追加解説します。全部で18章あります。1章と2章で一回分にしますので、全17回にわたってやっています。

それでは、はじめましょう!

 

第一章 

1-1 ブラウザで作業をはじめる

Coding GroundでPythonを選んだら、実行環境は完成です。はい、もう作業できますよ!すごい。面倒な環境構築作業いらない!

しかも、ブラウザで行うので、作業環境を選びません。会社のパソコンでも家のパソコンでも、スマホやタブレットでも作業ができます。これは便利ですね。

 

第二章 

2-1から2-4 とりあえずいじる

数字や文字を入力してみました。そもそものパソコン操作としての文字の入力の仕方まで説明してくれますよ、この参考書。本当に普段仕事でちょっとパソコンを弄る程度の人でもついていけますね。難しい理論は置いておいてくれるので、無駄に躓かなくてすみます。あらかた骨組みがわかってから難しい理論を理解しても十分ですしね。

ここで勉強したこと:Tracebackはエラーの意味

 

まとめ

ということで、とりあえずPythonをいじってみました。この作業、実に10分程度でした。多分ゴリゴリやると3日くらいでこの一冊終わるんじゃないでしょうか。

 

プログラミングのイメージとなんか違った!というのがPythonを初めて触った印象です。例えばHTMLとかCSSっていうのは、裏側っていう感じなんですよ。わけの分からない英文を書くと、表できれいな画面が出来上がる、という。

でもPythonは、検索したらそれに対応したwebページが出てくるという、検索エンジンのような呼びかけと応答がある感じでした。

さて、これがどうなってAIとつながっていくのでしょうか(笑)パンドラの箱をあけたような気分です。

少なくともPythonをいじったことのなかった昨日までの僕と、今日の僕は違うということだけは確実。

 

スポンサーリンク

▼関連記事▼

【Python入門】プログラミング超初心者が0からはじめる入門編 vol.2

*1:これを知るまでもかなり時間がかかりました

*2:最新は3.0ですが、とりあえず始めようという人にはとりあえず問題ないと思いますよ

© 2016 よーじ通信