よーじ通信

底辺社内ニートがプログラミングや役に立ちそうなネタを書いています

よーじ通信

東京で雪が降っても長靴を買ってはいけない理由

f:id:youji11410:20161124235926j:plain

その前に、関東甲信越といいながら東京都内の雪の様子ばかりがニュースになることに言いたい。

関東でええやんけ。甲信越ちゃうやんけ。

北から目線で言わせていただくと「だっけなんなん?」*1

スポンサーリンク
 

 

東京は雪が降ることを想定としてなさすぎる

年に一度降るか降らないかのためにインフラ対策をするわけがない。前日から雪が降るってわかってるんだからAmazonで靴くらい注文しておけよ。というか危ないから外に出るなよ。東京の交通システムはちょっと歯車が狂うとすべてがドミノ倒し的に崩れていくんだからさ。休もうよ。

昔の話だけど、僕は平成の大雪を経験した前日、友人と長靴を買いに行った。長靴なんかもってないから。新潟だからってどこもかしこも雪が積もるわけじゃない。僕が住んでいた地域は、雪が降ることがあっても、30cm程度積もるくらい。それでも長靴なんて履かない。

長靴を買いに行った僕らは、新品のコンバースを買った。オールスターの白。防水スプレーも買って準備万端だぜ!?

次の日、それは一瞬にしてただの布以下になったことは言うまでもない。

東京で雪が降ると言われたときに買いにいくべき靴は、長靴ではない。

東京で雪に備えるべき靴は、滑り止めを備えた防水の靴だ。

 

東京の通路(歩道)は、おおよそ雪に適応したものではない。積もらない雪は水となり、格好の潤滑剤となる。氷の上が滑るのは、表面の氷が解けることによって水となり表面の摩擦をゼロにするからだ。

だから、雪国使用のタイヤはこの水分を取り除きながら走る仕組みになっている。

つまり、必要なのは滑り止めのついた靴。最悪、バッシュに防水スプレーでもしておけ。雪用の長靴でないと、滑るのだ。

 

防水スプレーで気をつけること

大抵の防水スプレーは、靴に薄い幕を張ることで防水機能を満たす。

絶対に、室内で防水スプレーを使ってはいけない。というのも、防水スプレーをモロに吸い込んでしまうと、肺が防水仕様になり呼吸困難を起こし最悪死ぬ。

また、可燃性なので火の近くで噴射してはならない。ヨガファイ状態になるぞ☆

防水スプレーは、マスクを装備し、屋外で噴射すること。

元靴屋の店員戸の約束だぞ☆

 

雪道の歩き方

かかとから踏み込んでつま先て地面をけるのが正しい歩き方である。しかしこれを雪の積もったところでやると間違いなくコケる。何を履いていてもコケる。

そこで雪国生まれ雪国育ち30年の僕が雪国伝統の歩き方を直伝する。

いわゆるヤンキー歩きをしよう。ちょっと猫背で、ポッケに手を突っ込む。かかとを引きずりながら足を上げずに歩くアレだ。間違ってもつま先で地面を蹴ってはならない。ペンギン歩きとも言う。*2

これならば転ばずに歩けるだろう。うまくイメージできない人は、スケートをするイメージを描くと良い。歩くというよりはカカトで滑るのだ。

ただ、都内ならそんなに積もらないが、先程も言ったように通路が滑りやすい。いっそ滑って進んだほうが得策である。

 

新潟は何地方なのか問題

実は、この記事で本当に書きたかったのはこの部分である。正直東京で雪が降って誰かが滑って転んでもどうでもいい。こっちは人が死んでんだぞ!!

 

関東甲信越といえど

日本引きこもり協会*3の天気予報では、新潟は「関東甲信越」に分類される。天気予報で一部地域を除くと言っていたらそれは間違いなく、新潟である。その証拠に、東京に雪が降ると、新潟には降らない。東京に雨が降ると、新潟は晴れる。基本的に新潟の冬はいつも天気が悪いので、東京は天気がいい。明日(というか今日)東京の天気は晴れだが、新潟は雨だ。東京までは400km以上離れていることを考えると、その分け方は無理があるんじゃあないでしょうか。

 

じゃあ東北地方なの?

新潟には、東京電力の原発*4があるが、この電力は新潟では使用していない。

なぜなら、新潟の電力は「東北電力」だから。ただし、これだけは断言させていただこう。新潟は東北地方ではない。*5

 

もしかして北陸地方?

次にガスだが、こちらは「北陸ガス」である。ご存知の通り、北陸というのは北陸三県の富山・石川・福井のことである。一応北陸4県という呼び方もあるそうだが、新潟が北陸というのには少し無理がある。なぜなら、北陸は60Hz帯だが、新潟は50Hz帯なのだ。*6

 

信越地方でしょ

続いて、総務省管轄の電波管理に関しては「信越地方」となる。長野と新潟だ。社会で習った記憶があるといいのだが、新潟には日本一長い川である「信濃川」がある。長野に上流域があり、下流域が信濃川と呼ばれる。長野では千曲川と呼ばれている。なぜ、新潟にくると信濃川と呼ばれるのか。残念ながら長野に対して親しみを込めているわけではない。この川はとにかく氾濫し、人々の生活を脅かす憎きものだった。小学校の授業で習うほどに、信濃川の氾濫というのは歴史上重たいものであったのだ。故に、憎しみを込めていると聞いたことがある。*7だからといって、仲が悪い訳ではない。しかし、山越えするので、そんなに近いイメージもない。*8ちなみに直通でいける電車はない。そんなに交流があるわけでもないけど仲違いしている訳でもない、微妙な関係。ちなみに僕は、長野のリンゴが好きです。

 

地方大会なら北信越

県大会の次は、北信越大会。北陸三県である富山・石川・福井と、信越の長野・新潟の5県の集合体。僕としては、この表現が一番しっくりくる。市の大会、県大会とくれば、次は北信越だ。この壁がなかなか高い。新潟で北信越まで行ったと言えば尊敬のまなざしで見られることだろう。ちなみに高校野球は、新潟は北信越までならそれなりに強い。

 

大穴・中部地方

おそらく、新潟県民が最も違和感のある区分ではないだろうか。というか僕は、これだけは違うだろ、といいたい。中学校のときに使った地図帳には、新潟県は「中部地方」に分類されている。中部地方と言えば、愛知だとか岐阜だとかあの辺のことを言うわけで。ちょっと遠すぎやしないか?とも思うのだが。

 

まとめ

どんなにニュースで関東甲信越と言われようと、それは新潟の話ではないことが約束されている。そんな雪国新潟人から言えることは、雪が降ったら、長靴は滑るから履くなということである。

そして、機会があれば、地図帳を眺めて見てほしい。初めてテレビに映った芸人のごとく、東日本の至る所で見切れているということに気がつくだろう。

新潟において、唯一確かなことは、東日本である*9ということだけだ。

 

▼関連記事▼

【新潟は日本一酒造のある県】新潟のお土産を買うならぽんしゅ館で。お酒以外のおすすめお土産3選!

*1:新潟弁で「だからなんですか?」の意味

*2:ポッケに手を突っ込む必要はない

*3:某国営放送のこと

*4:柏崎刈羽原子力発電所。2007年の中越沖地震からすべてのプラントが停止中である

*5:筆者の独断と偏見です。

*6:佐渡市の全域と糸魚川市・妙高市の一部では60Hz帯帯らしい

*7:ばっちゃが言ってたレベルから嘘だったらごめん

*8:新潟市からは結構遠い。近いっちゃ近いんだけど遠い部類だよ

*9:ちなみに東日本大震災でも地味に被災している。

© 2016 よーじ通信